2017年08月13日 22:59

最後の虐殺の地 龍頭渚へ

龍頭渚は馬山南東部の先端にあります。



ここに島民200人以上がたどりついたとき、国民党軍はすでに船で島から逃亡しており、皆泣き叫んだといいます。

そして追いついた日本軍によって、島民は次々と殺害されました。




ここでも入場券の購入を求められました。

観光地として開発されており、やはり事件当時の姿は留めていませんでした。

龍頭渚という名称は、形が竜の頭に似ていることに由来するそうです。

岬の先端へ向かう通路を歩いていきます。







途中有名な太湖石と遭遇



現在は通路が整備されているので楽して歩けます。

しかし事件当時のままで遺されている地山は厳しい傾斜があり、とても歩きづらい地形であったことがわかります。





10分近くかかってやっと先端に到着しました。


事件当時、島民が歩いたであろう同じ場所を歩き、同じ風景を見て胸が熱くなりました。


実は馬山に行く途中、無錫市内で花を購入していました。


馬山虐殺事件は、日本どころか中国国内ですらほとんど知られていません。

事件を知った者としては、被害者のことは常に頭にありました。

事件の経験者であるA氏の言葉も常に心の中にありました。

万斛の恨みを持って亡くなられた被害者の冥福を祈りたい。

他意はありませんでした。

私は事件当時から、まったく景観の変わっていないだろう、岩場の先端に花をたむけてこの島で無残にも死んでいった無数の魂に祈りました。



ちなみに龍頭渚はどのあたりで島民は殺害されたか?

開発が進みすぎて特定は難しい状態にありました。

たしか国民党軍は船で逃げたと聞いていたので、船を止められる場所であると見られます。

そうだとしたら、先端ではなくもう少し開けている場所です。

おそらくここではないかと思われる場所をみつけました。

現在開発されているため、景観は変わってしまいましたが、ここだと船もとめられそうです。


先の画像でも紹介した、岬へとむかう通路から撮影しました。

事件当時、ここに通路はなく船の行き来も可能であったと見られます。

実はここに花を置きたかったのですが、営業妨害とかいわれると困るのであきらめました。

馬山は、2000年前後からはじまった開発により、かつての姿から著しく変化し、事件は風化の一途をたどっています。

先日、テレビ東京「未来世紀ジパング」で、今中国全土で巨大リゾート開発への投資が増えていることが紹介されていました。

そこには観光客誘致という思惑もあるそうです。

馬山の事件現場が次々とリゾート開発されたのも、観光客誘致からかもしれません。

よその国の事情なので、とやかく言う気はないのですが、かつての日本の姿を見ているような気になりました。

最後に上海へ。




ここは何十年たっても魔都の雰囲気は漂っていました。



Posted by andre │コメント(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。